ひきこもり 脱出

広告

ひきこもりは、ある種の人間恐怖症を伴っている場合があります。

子どものひきこもりと大人のひきこもり

 

同じように論じるところが出来ない部分がありますので、本ホームページでは
それぞれに項目を裂くことにしました。

 

ただ、それぞれ原因は様々ありますが、ひきこもりの人に共通するものがあります。

 

それは、「ある種の対人・人間恐怖症」です。

 

子どもの場合ですと、発達障害が原因でそれが起こるケースもありますし、
またいじめなどの外因性のひきこもりも多々あります。

 

一方で大人のひきこもりの場合、いわゆる「社会恐怖症」のところまで
対人・人間恐怖症が悪化した結果として、ひきこもりとなるケースがあります。

 

 

これら2つのケースの根底にあるのは、人への信頼感、というものではあるのですが、
子どもと大人では、様々な意味で状況も答えも変わってくるので、横のメニューから
お求めの情報をご覧になって下さい。

 

 

このホームページがひきこもりの人、またその家族の一助となることを願ってやみません。

 

ホームページ管理責任者;とりさん
ひきこもり,準ひきこもり,脱出

広告